スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日教育を粉砕する手段

 今年も卒業式の時期が間近になりました。しかし、反日の日教組どもは、憲法19条「思想信教の自由」を盾にして、国歌伴奏及び斉唱の拒否とか国旗掲揚の反対運動をしています。そしてこの教員が実行している反国旗・反国歌教育の行為を一般国民は誰も法的に批判しません。だから、反日日教組の連中は、自分たちの主張が正しいと思い込んでいるから、私がこの悪行を粉砕する法的根拠を明示します。
 憲法26条で「・・・法律の定めるところにより、その能力に応じて、等しく教育を受ける権利を有する」に違反して、反日の日教組は、教育基本法(学校指導要領)に違反する「反国旗と反国歌教育」を子供たちに実行しているから、我ら愛国者は、反日日教組たちにそのような教育をする自由は無いのだ。として、ことある毎に断じて許さない。と反日日教組に抗議すれば大多数は止めると思います。もしそれでも止めなければ、我々が納税者の立場で、日教組は法律違反となる「反国旗と反国歌」の教育をしている。と告訴するべきです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

閲覧者数
MENU
FC2掲示板
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。