スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊は三年以内に正規の軍隊となります

九条改正必要論」の放棄で、明日にも自衛隊が正規の軍隊となります
大ウソの「戦前の日本悪玉論」に基づく性悪の「九条改正必要論」の教育を強制させられた結果で、主権(交戦権)を強奪された国民の方々にお知らせします。
昭和憲法下の我が日本は、憲法九条を改正しなくても軍隊を保持できるのです。その理由はこの本に詳しく記述しました。そしてこの本の読後に読者の方々が実行する事は、大嘘に基づく性悪な「九条改正必要論」を直ちに放棄する事です。ならば、明日にも自衛隊を正規の国軍として保持する普通の独立国家日本が誕生するのです。
我ら日本国民は、この性悪の「九条改正必要論」を唱える歴代の日本政府によって、我等国民の主権(交戦権)が強奪されたから、現在でも、他国と対等はおろか対等以下でも力で抵抗する権利も行使できないので、我等国民のほとんどは金縛り状態、平たく言えば、我等大和民族は、米中韓朝露から常に日本が不利になる要求を限りなく押し付けられる完全な従属国家民族の状態です。
よって、この完全な従属国家状態を打開する為には、この本の読者の皆さんが私の主張に全面的な賛成をされる事だけで、国内は基より米中韓朝露などにもこの事が知れ渡りますから、正規の国軍が誕生する前でも、自衛隊の士気は格段に向上し、且つ、我が国の対外的な軍事的抑止力も含め格段に強化されます。
更に、我等国民には、不正義には命を惜しまず断固として戦う。とする先人達の武士道精神が復活するので、外交も東日本大震災もデフレ不況も克服する気力が充満します。
つまり、私の主張に十万人以上の方々が賛成されるなら、ほとんどの方が「気力の向上した日本国民が誕生」と自覚をして、そして、中国側も認知する事になれば、尖閣は中国に強奪されません。理由は、中国に戦闘で一度も負けたことが無い正規の日本軍の強さを、中国は今でも忘れていないからです。
よって、我が日本に正規の国軍が誕生するなら、米国に奪われている戦闘機を含む高度の武器開発の自由も戻って来て軍需産業も活性化します。ならば若者の就職率は大幅に好転します。何か「風が吹けば桶屋が儲かる」式ですが、過去の事実がそれを証明しています。
又、我が国が、早期に国軍の保持を実行して軍備も拡充すれば、尖閣はおろか、竹島問題及び北方領土問題及び拉致問題も解決します。そして、沖縄を含む漁師の漁をする自由も完全に確保されます。
スポンサーサイト
閲覧者数
MENU
FC2掲示板
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。